FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好奇心は猫を殺す。

動物にとって、情報の無い状態が好奇心を駆り立てる。
その未知への探求こそが失敗へつながり、そして転じて失敗は成功の母とも言う。

同じように僕も、動画とやらに手を付けてみようとしたのも、無知であったからして。
いかんともしがたい悪戦苦闘を繰り広げた挙句にようやく方法が分かったのです。

本来この日記はもう三日ほど前に書くべきであったからして、猛省。


何が言いたいか。
噛み砕いて言えば、動画を元に日記を書いてみてよ、書けよとつつかれるものの。
動画を日記に載せる方法が分からず3日ほど時間がかかりました。ジンです。

そんなわけで先日の夜中にて、
数えて生涯3度目のブラギ状態でのウィザードを体験しました。

普段ブラギなんてありがたいものから縁のない生活を送っているため、
反動もあって余計に線がすっ飛んでます。以下。


先日の深夜。事の起こりはそろそろ色褪せて鮮明に思い出せないけれど、
要約すれば、僕がウィザードのレベルを上げたいので遊んでください、と
その場にいた二人に頼み込んでみたんだったかな。

快諾してくれたのか、あきれながらに付き合ってくれたのかは定かではないけど。

して、居合わせた常盤さんとめーさん。
この面子に編成の主格が僕のウィザードと来たら、もう後は決まっている。
以前の彼女の記事にも載っている線の切れたウィザードになるチャンス。

以前も同様のことをした覚えがあるけれど、
めーさんがクラウン、常盤さんがプリーストを出して名無し島2Fへと向かう。


僕はアイシラcを挿した装備を持っているのだけれど、
これの効果である " 5秒間詠唱時間50%減少 " の効果が発動したときに、
ある程度以上のステータスを持つ奏者のブラギの効果を得ていれば、
なんとDEXの数字如何に関わらず無条件で詠唱時間が0になる。

更に、ブラギのもう一つの効果である発動後ディレイ減少を受けているため
ほぼボタンを押した分だけスキルが発動するというろくでもない状態になる。

ここまできたら最早HiWizとの純然たる差であるAMPなんてほとんど関係がない。

参考というか、この記事を書くに当たっての元となった動画を載せてみる。
わざわざ僕のために動画を撮って要所を抜き出してくれた常盤さんには頭が上がらない。



1戦目はアイシラが発動していない状態からなのでそれほどでもない。
が、よくよく見返すとどうも1発目以降は発動している気がする。
おそらくクラウンのブレスが切れていて「一定以上」を満たしていなかったんだろうかな。

2戦目、もはややりたい放題。
通常、ストームガストではどうしても2発と+αの追撃が必要になってくる。
しかも、ストームガストはいくら詠唱を早めて2枚以上重ねようとも効果は重複しない。
が、ストームガスト以外ならば話は別なわけで、必要以上にスキルを重ねて敵を押し倒す。

一般に吹雪と隕石の混在などそう滅多に拝めるものではないので益々糸が切れる。

切れすぎた結果が…。



これ。こればっかりはもう本当にすみませんでしたとしかいいようがないです…。


どうしてただの1発でもいいからストームガストを置いて防御にまわろうとしなかったのか。
A.調子に乗っていただけ ははは。

流石にこうも見事に寝転がしては頭を冷やさざるを得ない。

心を入れ替えてセオリー通りにストームガストからはいり、
効果の切れ目にもう一枚、で安全策をとる。

余計なことはせずにただそれだけ、が一番安全で話が早い。



…余計なことはしていないよ、うん。多分。


まあ切り替えてからは特に危なげも無く、ということにしておいてください。お願いします。

どうも、なれない力が手中にあると制御が利かなくなるようです。
時の権力者でさえもそうだったのだから、僕ごときがその因果律に抗えるはずも無い。

…言い訳ばかりしてないで自重するように心がけます、ジンでした。

コメントの投稿

非公開コメント

RO SITE MASCOT

なかなかかわいいと思います。おすすめ。
ROサイトマスコット
プロフィール

ジン

Author:ジン
これいつまでほっとくのってカンジですよね!
某サーバー某ギルドで細々遊んでるジンです。
思いつきで始めたこのブログ、
さていつまで続くんでしょうか。

個人メモ
売っ/きいろ
ちゃ/あか
った/あお

そして買っちゃった。
手伝ってくれたSちゃんには大変な感謝です。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。